表在性筋膜の引き締め|若返りを望むなら美容整形がおすすめ|若い頃の自分に戻れる
レディ

若返りを望むなら美容整形がおすすめ|若い頃の自分に戻れる

表在性筋膜の引き締め

レディ

収束した超音波

顔の肌は柔らかく、本来はたるみで垂れやすいのですが、表在性筋膜という層にはりついているため、位置を保つことができています。しかし年をとると、この表在性筋膜そのものが、たるんで垂れていきます。するとそこにはりついている肌も一緒にたるむのですが、これが進むにつれて、顔はシワの多い状態になっていきます。そして美容外科では、この表在性筋膜を引き締めるための、ウルセラと呼ばれている治療がおこなわれています。ウルセラは超音波治療の一種で、これは超音波をレーザーのように収束して、肌に浴びせるという方法でおこなわれています。収束されている分、超音波が針のように肌の奥にまで入り込み、表在性筋膜はこの刺激で収縮します。これにより肌も引き締まってシワが解消されるので、ウルセラは効果の高いアンチエイジング治療として話題の種になっています。

熱による収縮と再生

なぜ超音波によって表在性筋膜が収縮するのかというと、表在性筋膜にコラーゲンが多く含まれているからです。そしてコラーゲンには、加熱すると縮むという性質があります。ウルセラの超音波では、浴びせた箇所を約60度に温めることができるのですが、この熱でコラーゲンが縮むため、表在性筋膜が全体的に収縮するわけです。また、治療後は表在性筋膜は、少しずつ新しく作り変えられていきます。これは、表在性筋膜の収縮を、体が火傷とみなすからです。実際には火傷を負っているわけではないのですが、熱の影響を受けたということで、体は傷を治す場合と同じように、再生を始めるのです。これにより表在性筋膜は生まれ変わりますし、それに伴って若返り効果も出てくることになります。